違いが分かる

我が家で飼っている室内犬は、毎日、私の座布団の上で昼寝する。
あまり使って欲しくなかったので、犬用に、もう一枚座布団を用意したが、
そちらには見向きもしない。

私が使用している座布団と同じように、座布団カバーを被せて
自分専用だと言い聞かせてみたのだが、愛想程度に少しの時間座るだけ。
また私の座布団の上に戻る。

同じ時に作った座布団で、質感は変わらないが
座布団カバーは約4倍、金額に差がある・・
もしかして、その違いを見抜いているのか?

犬を飼っていた友人に話したら「きっとそうだよ」と言われた。
友人にも似たような経験があったらしい。

「きっと人間には感じ取れない違いが分かるんじゃない?
人間よりまだ野生に近いから。」との事。

違いが分かる・・自分はどれだけ違いが分かるのか?
そもそも「違いが分かる」とは何なのか?

ネットで検索してみたら、コーヒーの違いについて
気付いた人のブログに辿り着いた。

その人は、毎日コーヒーを同じ所で、
同じ味のコーヒーを飲んでいるらしい。

ある日、気が向いて違う味を注文し飲んでみたら、
いつも飲んでるコーヒーと違いがある事に気づいたそうだ。

コーヒーなんて、どれも同じと思っていたそうで、
でも違いが分かったことに驚いたらしい。

毎日同じような事を継続する。

これをやっていたからこそ、微妙な違いに気付けたと思うと
その方は書いていた。

仕事でも同じだろう。
毎日同じことを継続する・・やらされているではなく、やっている。
やっているからこそ、少しの異変に気付けるし、
少しの異変に気付ければ、大きな事故にはならなくて済むのではないか?

昔、コーヒーのCMで「違いが分かる男」シリーズがやっていたけれど
違いが分かる・・改めて、なかなか奥深いと思った。