VRゲームと待ち望む未来

皆さんは2019年5月に発売されたOculus Questをご存知でしょうか?

VRゴーグルと左右の手に持つコントローラだけで構成されたVRヘッドセットです。ゴーグルを着け、コントローラを持つだけでVR空間でゲームができます。

VRヘッドセットを使ったゲーム機はすでに色々発売されていましたが、有線でつなげる必要がある、6DoF(6自由度:頭部のXYZ軸と、体のXYZ軸の動きを指す)の動きを追尾するのに高機能なPCが必要になる、といった実情がありました。

Oculus Questはゴーグルとコントローラが独立しており、かつ6DoFに対応しています。例えばOculus Questを野外に持っていけば、走り回りながらVR空間でゲームをすることが可能になります。(※公式では屋外使用を推奨していません。)

この商品が発売された時、私は「ついにここまで来たか!」と思いました。

私は子供の時分に“ロクヨン” や“プレステ”といったゲームで育ちました。ソフトを買って、テレビモニター越しにコントローラのボタンをポチポチして遊んでいました。

そんな中、子供ながらに私は「いつかテレビ画面越しじゃなく、現実空間と自分の体を使ってゲームができるようにならないかな」と夢想していました。そして大人になった今、待ち望んだ未来がやって来ました。

皆さんもこんな未来が来たらいいなと思うモノ・コトがあるのではないでしょうか。

空飛ぶ車、全自動家事ロボット、宇宙旅行・・・(例えが陳腐すぎ?)

世界中の技術者の努力によって技術は日々進化しており、夢に描いた未来が現実となるのはそう遠くない未来かもしれません。

私も一人の技術者として、モノづくりにおいて自分が思い描いた夢を誰かから享受するだけでなく、誰かが思い描く夢を実現できるよう目指していかなければ、と感じます。

ちなみにOculus Questの価格はおよそ5万円。かくいう私はまだ持っておらず、今すぐにでも欲しいですが、今夏に資格試験を受ける予定なのでそれまでは我慢かな…。

(思いがけずOculus Questの宣伝になりましたが、販売元とは無関係なので悪しからず)