正しい日本語

日本語を勉強している外国人に、よく質問される。

「『~を』と『~に』は、どう使い分けたら良いですか?」
「『笑う』と『嗤う』の違いは何ですか?」
「【いいよ】って、【No Thank you】なの?【Thank you】なの?どっち?」
「【どうも】って、何個意味があるんですか?」

など、日本人でも改めて考えさせられるものばかり。
その都度、調べて外国人でも分かるような例えを考えて説明し
そのたびに、もっと深く日本語を理解しなければ・・と思う。

彼らは、辞書や教科書のほか、
日本のテレビやアニメを見て、勉強するらしい。

しかし、最近、日本の情報番組やニュースを見ていると、
途中で、伝えた記事の内容が間違えていたり、
テロップの表記が違っていたりして、謝罪コメントが入るのだが
その回数が、年々増えてきた気がする。

臨時ニュースなら、間違いがあっても仕方がないが、
そうじゃないニュースでも訂正、謝罪コメントが入るのは
いかがなものかと思う。

間違えたから訂正するのは分かるが、
公共の電波に載せるのに、正しいテロップを入れるための
確認はしないのだろうか?

グローバルな社会になって、日本語を流暢に話せる外国人も増えてきた。
そんな人達に笑われないよう、正しい日本語を使える努力をしたいと思う。