就活

私には関西の大学に通っている従妹がいます。
現在大学4年生、就職活動の真っ最中です。

先日、名古屋で面接があるため
一人暮らしの私の家に泊まりに来ました。

彼女にとって初めての面接で、
前日の夜に面接の練習に付き合って!とお願いされ
自己PR、志望動機、学生時代頑張ったことなど、
何度も聞いてアドバイスをしました。

それを聞いて自分の学生時代を思い出しました。

就活中は、友達が内定をもらっていく中で、
自分だけ何社受けてもお祈りメール(不採用通知)ばかりで、
自分は社会に必要とされていない人間なんじゃないか・・
と毎日落ち込むばかりでした。

「勉強やサークル、お小遣い稼ぎのアルバイト、
人並みの経験しかしてない自分に一体何ができるんだろう。

将来何がしたくて、どんな風になりたいんだろう。
自分はどんな人間なのか、それをどうしたら人に伝えることができるんだろう。」

自問自答を繰り返し、人生で初めて本当に自分と向き合ったのが就活でした。

今振り返れば、ただ内定が欲しい一心で自分を取り繕い、
入社してからが本当に大切だということを見失っていたからダメだったんだと思います。

自分のことを自信をもってキラキラした瞳で語る従妹を見て
そんなことを考えさせられました。

それから街中でリクルートスーツを着た学生を見ると
心の中で「頑張れ!負けるな就活生!」とエールを送っています。