時間

もう年末…
また1年が過ぎてしまう。
時間のたつのは早いというが、本当にそう思う。

時間の感覚については年を取るほどに
時間が短くなるように感じるのは当然だ
という話を聞いたことがある。

その理由は
・経験値の差
らしい。

子供のころは経験値がないため
最初のころは1日が体感的にどのくらいの長さかが分からない
もう少したつと、1年がどれくらいか体感的にわからない

というのを繰り返し
年齢が上がるほど

1年の長さはこんなもの
とか
自身が生きてきた長さと比べてしまったりして
短く感じるらしい

つまり、生きている以上、年々短く感じるということ。
でも1年は1年。

来年こそは…
と毎年年末に思う次第です…