いつもの信号待ち

通勤途中の街路樹は青々と生い茂り

嬉しそうに太陽の光を浴びている。

新型コロナウイルス感染症が日本で猛威を振るい始めた3月は

今年はお花見ができないと嘆いていたのに

季節はもう春を通り越して夏になろうとしています。

コロナは私たちの当たり前の生活を変えてしまいました。

華金に気心の知れた友人と飲んで騒ぐことも

1年以上前から楽しみにしていた親友の結婚式も

テーマパークも海外旅行も遠い存在になりました。

緊急事態宣言が解除されてもなお第2波、第3波が予想され

私たちの当たり前はいつ戻ってくるのか、それとももう二度と戻って来ないのか。

世界中の人々がひとつの感染症に怯える中でも

悠々と立ち尽くす木々を見て人間なんて小さな存在だな~と思ってしまいました。

友人たちとくだらない話をしながらBBQできる日を願って

今日も街路樹を通り過ぎるのです。