話し方改革

社内、社外よく”コミュニケーション”という
キーワードに耳にします。その意味を調べてみると、
”社会生活を営む人間が互いに意思や感情、思考を伝達し合うこと”
と出てきます。私は、イー・バレイに入社して、3年半が経過しました。
入社当時のことを思い出します。

入社当時って自分はどのような話し方をしていたのか。
当時、面談・面接をして頂いた方に自分の話し方を聞く機会があったので、
聞いてみたところ、「話しが長いし、何言ってるかわからないよ」って
言われたことを今でも覚えてます。自分では”コミュニケーション能力”が
あると思っていたので、ショックであった。
”コミュニケーション能力”は自分が”ある””なし”を決めるのではなく、
”相手”が決めるこいとなのだと気づいた。

DR等をうまくできるようにするために、”コミュニケーション能力”
を上げるために努力したこととして、
私は、3点のことを気をつけて話すようにした。

①まずタイトルを言う。
※○○○のことについて教えてほしいのですが…
※今日は、☆☆☆のDRをお願い致します。

自分がする、したいことを言う事で相手に
何をどうしたいかを伝える。

②理由は聞かれる前に言う。
※○○○のことについて教えてほしいのですが…
理由は△△△だからです。

理由を言う事で、相手に自分の考えを理解してもらう、
また、合意をとるタイミングをつくる。
理由を言えば、何等かの反応があるため、反応をみて
「でしたら認識に間違いないですね」と切り出せる。

③途中で相手と認識があっているか確認する。
※ここまでの内容ですが、あってますか(よかったですか)?

途中、途中で認識ずれを無くすことで、最終アウトプットの
認識ずれを無くせる。手戻りもない。

相手に自分の意思を伝えることは難しいが、
わかりやすく言うことって大切です。
相手に分かり易く言葉を選び直球で言う事って大切と感じてます。

好きな異性にもそんなことが言えると
いいですね!!
(#^.^#)